連載:はじめての「酵素」
ホーム > 育児 > 赤ちゃんの便秘に最適なオリゴ糖

赤ちゃんの便秘に最適なオリゴ糖

赤ちゃんの便秘とオリゴ糖はとても深い関係があります。 オリゴ糖は糖類の一種で、天然の植物の中に含まれる成分です。 

 

かなり昔に研究者によって発見されましたが、その頃から腸内環境を整える働きがあることで知られていました。 というのも、そもそもオリゴ糖が発見されたのは、母乳で育った赤ちゃんに下痢などが起きにくく、腸の働きがよいことが観察されていたからです。 

 

やがて研究が進むにつれて、母乳の中には腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして腸内環境を整える働きをする成分が含まれていることが分かりました。。

 

そして、そのビフィズス菌を増やす因子こそオリゴ糖だったというわけです。 

 

さらに研究によっていろんなことが分かってきました。 人間の腸内のビフィズス菌は、何もしなければ減少していく一方だということがわかったのです。

 

生まれたばかりの赤ん坊の腸というのは、腸内の細菌の90%近くが善玉菌のビフィズス菌によって構成されていますから、とても理想的な状態にあることが分かります。 これは、生まれたばかりの新生児の便がほとんど「嫌なにおい」がしないことからも分かります。 

 

しかし、ビフィズス菌は年齢が進むにつれてどんどん減っていきます。なんと成年期には腸内細菌全体の15%にまで減ってしまうのです。 

 

なぜこのようなことになるのでしょうか? 

 

母乳を飲んでいる赤ちゃんは母乳に含まれているオリゴ糖を吸収することで、そのオリゴ糖をエサとするビフィズス菌を増やす機会があります。 しかし、成長して母乳を飲まなくなると、ビフィズス菌の好物であるオリゴ糖を摂取する機会は通常は減っていきます。

 

ですから、年齢とともに腸内のビフィズス菌の割合が低下していくのは必然なのです。 では、まだ生まれてからあまり年数の経過していない赤ちゃんでも便秘になることがあるのはなぜでしょうか? それに母乳栄養の赤ちゃんでも便秘になることがあるのはなぜなのでしょうか? 

 

水分不足やストレスなど環境的な要因もありますが、やはり根本的には赤ちゃんの腸内環境が整っていないということがあげられます。 

 

母乳の赤ちゃんでも、たとえばお母さんの無理な産後ダイエットで母乳の質が低下したり、母乳を飲ませなくなるケースも多くなっています。 

 

さらに帝王切開で生まれた場合は、産道を通らないことから腸を整えるため本来取り込む必要のある菌を取り込んでいないことが原因とも言われています。 その結果、腸内環境の十分に整わないまま便秘になる赤ちゃんが増えており、さらに少し成長して幼児期になっても便秘で苦しむ子どもも増えています。 (赤ちゃん便秘原因.com)

 

もし便秘が長く続くようであれば、母乳以外に外部からオリゴ糖を摂取することで腸内環境を整えることができます。 

 

オリゴ糖食品は市販されており、赤ちゃんにも安心して与えることができます。 ただし、スーパーなどでも売られているオリゴ糖の場合は安価ですが、純度が低くビフィズス菌を増やすほどの効果は期待できないと言われています。 

 

赤ちゃんの便秘に対する効果を期待するのであれば、純度が高くて本当に安心して与えられるものを選びましょう。